ピロリ菌除去サプリランキング!おすすめはこれ

ピロリ除去サプリランキングおすすめはこれ

ピロリ菌に感染している人がすべて潰瘍や胃がんを発症する訳ではありません。それでも、感染したほとんどの人は胃炎をおこします。除菌しないでいるとピロリ菌は胃の中に居続けるので、慢性胃炎となることが多いのです。

 

・なんだが胃が重い
・胃がキリキリ痛む
・胸やけがする

 

などといった症状を感じる方は、ピロリ菌に感染しているかもしれません。ピロリ菌を自分で除去したいとお考えの方には、マヌカハニーやプロポリス、乳酸菌といった強い成分を配合したサプリをおすすめします。これらの成分はピロリ菌を撃退する効果があります。胃の不快な症状のもととなるピロリ菌、サプリで除去を始めてみませんか。当サイトでは、厳選したサプリをランキングにてご紹介しています。

粒マヌカの特徴

粒マヌカは、マヌカハニーのちからでピロリ菌を除去します。マヌカハニーはMGO(食物メチルグリオキサール)とシリング酸メチルという2つの抗菌作用を持っています。この作用が体内の酵素で分解されないため、ピロリ菌に効果があるのです。最高級オーガニックマヌカハニーMGO400+を使用。糖分や独特の味を気にせず、手軽にマヌカハニーを摂れます。1日3粒。マヌカハニーで胃を元気にしたい方におすすめです。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 最高級マヌカハニー配合

 

プロポリス300の特徴

プロポリス300は、プロポリスのちからでピロリ菌を除去してくれます。プロポリスはハーブの新芽や樹脂を原料に、ミツバチが作る自然の抗生物質。ピロリ菌を守る酵素の働きを阻害するので、殺菌することが可能なのです。またフラボノイドを中心として、各種ビタミンやミネラルが豊富に含有。健康価値が高い天然素材です。1日の目安は3粒。自然の抗生物質でピロリ菌を除去したい方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 ビタミン・ミネラル豊富

 

乳酸菌革命の特徴

乳酸菌革命は、乳酸菌のちからでピロリ菌を除菌してくれます。話題の6つの乳酸菌(アシドフィルス、ブルガリクス、ガッセリー、ブレビス、カゼイ、ヘルベティカス)+3大乳酸菌(ビフィズス、ラブレ、ガセリ)を配合。そのなかでピロリ菌に対する殺菌効果をもつのが、アシドフィルス菌やガセリ菌。サプリなので、場所を選ばず手軽に乳酸菌を摂ることができます。1日2粒。乳酸菌で胃も腸も元気になりたい方におすすめです。

価格 2,730円
評価 評価3
備考 数種の乳酸菌が濃縮

 

ピロリ菌と疾患について

 

ピロリ菌に感染したからといって潰瘍や胃がんが必ず発症するとは限りません。ですが感染した人のほとんどの人に胃炎が起こっています。除菌しない限りピロリ菌は胃の中に棲み続けて慢性的炎症が続き、胃の粘膜を保護する力が弱くなり、ストレスや塩分の多い食事、発がん物質などの攻撃を受けやすい無防備な状態となるのです。

 

通常胃の粘膜は非常に強い酸(胃酸)に耐えられる抵抗力を持っていますが、様々な要因で抵抗力が落ちた時、胃酸に耐えられず胃の粘膜が炎症を起こす状態を「胃炎」と言います。その経過によって急性と慢性の胃炎に分けられますが、原因は暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、各種薬剤(非ステロイド系抗炎症薬、抗生物質など)の内服が挙げられます。

 

もちろん、ピロリ菌感染による発症も注目されています。粘膜の抵抗力が弱いときに胃酸が胃や十二指腸の粘膜を溶かしてしまう状態を「胃・十二指腸潰瘍」と言います。潰瘍になりやすい最も大きな原因は精神的、肉体的ストレスによるものですが、ピロリ菌の感染が原因とも考えられています。

 

胃の組織に悪性の細胞(がん細胞)が発生する症状を「胃がん」と言います。胃がんはがん細胞が大きくなるまで長期にわたって症状が出ない事があります。最近の研究ではピロリ菌の除菌治療によって胃がんになる危険性が低下するという報告も出ています。

 

胃の中では胃酸などから守る防御のために粘液が出ていて、胃壁の粘膜を守っています。ですがピロリ菌に攻撃され炎症を起こすと粘液が少なくなり、胃酸が粘膜に届いて傷つけてしまう事を「胃潰瘍」と言います。

 

潰瘍のみを治療した人は1年内に70%が再発してしまう事が分かりました。ですがピロリ菌の除菌治療をした人は再発が10%以下に下がる事も分かっています。ピロリ菌は始めに書いたように、感染したからといって潰瘍などに必ず発症するものではありません。ですが現代の生活習慣を考えると、決して無視する事のできないものであると言えるでしょう。

 

ピロリ菌の検査

 

ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関すると言われていて、日本では50代以上の70〜80%以上が感染しているとされています。ピロリ菌の感染経路は未だはっきり解明されていませんが、経口感染が主な経路と考えられています。

 

上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高く、先進国の中では日本は感染率が際立っていると言えます。ですが衛生状態が改善された現在、若い世代の感染率は急速に低下し、感染していても消化性潰瘍を必ず発症するとは限りません。

 

ではどんな症状があるとピロリ菌の検査を受ければいいのでしょうか。胃や十二指腸潰瘍の経験がある人や、その再発を繰り返している人、胃炎、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の人、また早期胃がん内視鏡的治療を受けた後の人は、健康保険で検査を受ける事も可能です。

 

この他、胃がん家系で心配を抱えている人や、何となくではあっても常に胃の具合が良くない人などは医師に相談すると良いでしょう。人間ドックや検診などで希望すると自費ではありますが検査を受ける事は可能です。

 

ピロリ菌を見つけ出す検査には大きく分けて内視鏡を使用しない方法と、使用する方法に分かれます。内視鏡を使用しない検査方法のメリットは何より受ける側の気持ちの負担が少ないという面です。

 

@尿素呼気試験法
最も精度の高い診断法で診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。

 

A抗体測定
ピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する抗体を作り出します。血液中や尿中などに存在するこの抗体の有無を調べ、測定する方法です。

 

B糞便中抗原測定
糞便中のピロリ菌の抗原の有無を調べる方法です。

 

内視鏡検査では胃炎や潰瘍などの病気があるか直接観察して調べますが、同時に胃粘膜を少し採取してそれを使用し検査する方法になります。

 

 

@培養法
胃の粘膜を採取してすりつぶし、ピロリ菌の発育環境下で5〜7日培養して判定します。
A迅速ウレアーゼ試験
ピロリ菌が持っているウレアーゼという尿素を分解する酵素の活性を利用して調べる方法です。
採取した粘膜を特殊な反応液に添加して、反応液の色の変化でピロリ菌の有無を判定します。
B組織鏡検法

 

胃の粘膜の組織標本に特殊な染色をしてピロリ菌を顕微鏡で探す組織診断方法です。

 

このように以前と比べると精度も上がっている検査法です。気になったら医師に相談するよう心がけましょう。

 

ピロリ菌除菌の副作用

 

ピロリ菌を除菌治療する時、投薬治療なので副作用が発症する場合があります。投薬期間中に現れる症状は発熱、かゆみや発疹などのアレルギー反応、腹痛を伴う下痢、軟便、食べ物に金属のような味を感じる味覚異常などになります。

 

また肝機能の検査値が上昇する場合もあります。これらの副作用は腸内の細菌バランスが崩れるために起こるとされていて、いずれも一時的なものが多いと考えられています。ですが適切な対処を怠ると症状が悪化する危険性を含んでいます。

 

発熱や腹痛を伴う下痢、かゆみや発疹が現れた時は、まず服用中の薬の使用を中止してください。その後、かかっている医師に相談して再度処方してもらうなどの方針を決めていきましょう。軟便や味覚異常の場合は、服用中の薬を中止する必要はありません。処方された分量の薬を、最後まで服用してください。

 

ただし副作用が更に悪化するようであれば、すぐにかかっている医師に相談するようにしてください。投薬終了後、つまり除菌治療成功後に発症する副作用もあります。十二指腸液や胃液が食堂へ逆流して炎症を引き起こす、逆流性食道炎です。

 

これはピロリ菌の除菌治療によってそれまで低下していた胃液の分泌力が、正常な値に戻るため起きてしまう症状で、一時的なものになります。胃液の分泌を抑制する薬を必要とする場合もあるようですが、一般的には軽い症状で心配する事はないようです。

 

副作用と聞くと、どんなに重い症状が現れるのだろうかと心配になりますが、基本的にはそれ程症状は現れずに、除菌治療を終える人もいます。これから除菌治療を行おうと考えている人は、こんな副作用があるのだと予備知識として頭に置いておく事は必要でしょう。

 

更新履歴